2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

今日は早かったぁ。(中学部・2011年冬)

昨日、「明日は7時15分に吉祥寺に集合」と長男は言っていました。
とすると、‘試合は9時だな’。
わたしは出発時間を6時45分と決めて眠りに就きました。
わたしの試合観戦は、毎週こんな風に始まります。

長男は「来るな。」とは言いませんが、さりとて積極的に誘いもしません。
あまりしっつこく試合の予定を聞くと面倒くさがるので、わたしが集合時間から試合開始時を予測する習慣がつきました。

わたしは、キックオフの時間に合わせて予定を立てることはまずありません。
可能な限り、その時間の1時間前に現地に着くように行動します。
ウォーミングアップから子どもたちの様子を観察して行くのが楽しみだからです。

1時間なんてあっと言う間です。
先発メンバーの選手たちが整列をし、審判そして相手チームと入場して行く。
その時に、何やら緊張と喜びを感じるのです。
そう、自分が指導していた時がそうでした。
そして、ベンツマークイレブンの円陣と共に発せられる‘すっ’という掛け声にわたしまで‘よし、行くぞ。’という気持ちにさせられてしまうのです。

さて今日は、小学校から大学まで併設されている一貫校との試合でした。
ベンツマークイレブンは、一年生のみ。どうやら、英検の二次テストが二年生にはあり、そのような構成になったようです。
何級の試験かは分かりませんでしたが、二年生全員が欠場とは大したものです。

一試合目。ベストメンバー同士の試合となりました。
つまり二年生を中心とする相手チームとベンツマークの一年生のAチームとの対戦です。
前半、2-0で折り返し。
上級生相手に、ポンポンとパスがつながる小気味よいサッカーを見せてくれました。
逆に後半は、ちぐはぐな防戦一方の展開になりました。

一試合を通すと、大なり小なり、自分たちの時間がありそして相手チームの時間がある というのが試合の常です。
相手の時間を早く断ち切れなかったのが、今後の課題になったことでしょう。
結果は2-2のドローとなりましたが、上級生相手によく頑張ったと思います。

二試合目は、それぞれ一試合目に出場しなかった選手たちの試合。
結果としては大きく点差を開かれましたが、ところどころに意図したパスワークも見られ、今後が楽しみな試合でした。

この選手たちは、いわゆるBチームと呼ばれる選手たちですが、この子どもたちの底上げがない限り、今後のベンツマークイレブンの活躍は期待できないことと思います。
このことは、指導されている先生方もよくおっしゃっていらっしゃいます。

本日は、この後、AB各々かく一試合を行いました。
この試合内容に関しては、知って驚いたこともありましたので明日以降あらためてご報告したいと思います。

[今日のBM11]
観戦ごとに、今日‘とてもがんばってたなぁ’と思う選手を紹介したいと思います。
これは本当に主観オンリーですので、ご容赦を。

UN.01番君 :GKの彼です。
思いきりのよい飛び出しとファインセーブの連発でした。
彼はこのチーム、唯一のGKの選手。
彼自身も、入学して初めてGKに挑戦したそうです。
まだまだGKとして習得しなくてはいけないもの多いとは思いますが、この数カ月での成長は目をみはるばかりです。

今後の活躍も期待しているよ。がんばれ01番君!
*BM11 - ベンツマークイレブンの略称としました。
*UN  - Uniform number

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...