2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

男子の本懐。

君たちにこういう話をするのもこれが最後かもしれない。

社会人で、ある競技を続けていた時のこと。
お世話になった総監督の口癖。

‘ 球は玉の下 ’

相手よりも一歩、先に球をまたげ。
身体がきつくなったとき、何度つぶやいたことか。

小さなその一歩が、相手をひるませる。
もう半歩が、味方に勇気を与える。
この一歩に、どこまで覚悟を示せるのか。
ピッチの中の、男子の本懐。

先の一歩。
この一歩が、夢へとつながる。
男子の本懐を遂げてほしい。
‘ 球は玉の下 ’ なのだ。

以前中学部のイレブンに向けてこれを書いた。
君たち高校部イレブンにも同じことを言う。

初戦の後半の中だるみ。
ああいう場面で、踏ん張れるかどうかがこれからの試合の岐路を分けると思う。
‘ 格上相手にハードワークをし続けられるか’がね。

‘ 球は玉の下’。
相手より半歩早くボールに寄せられるかが全てだと思う。
ピッチの11人がこれをやりきれば、結果はおのずからついてくる。

あれだけの練習をしてきたんだ。
君たちなら必ず出来る。

 

がんばれ、ベンツマークイレブン。

 

nice! nice!
読み込み中...