2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

もう一人の監督。

中学総体東京都大会が、終わりました。

ベンツマーク中学サッカー部は、残念ながら支部予選で敗れました。
すでに新チームも始動し、過去のことです。
が、時々思い出してしまうことがあるのです。

負けたことではなく、あの時の相手チームのある一人の選手のことをです。
彼は、長男の小学校チームの先輩にタイプが似ていました。

長男の先輩。
大会に出場すると、他のチームの指導者が彼を目当てに試合を覗きに来るほどの選手でした。
ナショナルトレセンに参加し、U-12の国際大会にも出場した選手でした。

ある時、その学年のコーチに聞いたことがあります。
‘彼のどこが、卓越しているの?’
そのコーチは、このように答えてくれました。

‘彼よりも脚の速い子、よく走る子、テクニックのある子なんてごまんといる。
けれど、彼のように気を配り、考えられる子は、そうはいない。
そう、グラウンドにもう一人監督がいるようだよ。’

あの試合、わたしが観た相手チームのあの選手は、そんなタイプの選手でした。
思い起こせば、昨年のよきライバル校だった中学の主将もそんなタイプでした。

選手11人いれば、11のタイプがあって欲しいと個人的には思っています。
そして、その一つのタイプにこんな子がいれば、尚更面白いチームが出来上がることでしょう。

‘グラウンド中のもう一人の監督’・・・忘れられない言葉です。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...