2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

懇親会と卒業サッカー。(2013年春)

東京では桜が満開となったその日、サッカー部の保護者の方々と個人的な懇親会を開きました。

この日は、午後から嫁さんの実家の墓参り。
その脚で、懇親会の会場に二人で向かいました。
途中、神田川の袂で満開の桜並木を目に。
川面に垂れんばかりのその花々は、本当にすばらしいものでした。

この懇親会。
サッカー談議をしたいが為の、わたしが個人的にお誘いをしている飲み会です。
この日で、二回目。
趣旨が趣旨ですから、その顔触れは観戦の場でよくお見かけする方々ばかり。
あの場面、この場面と話しても、みなさん分かって下さりますので本当に楽しい。

そしてわたしのもう一つの楽しみは、撮りためた写真の押しつけ。
アルバムを強制的にご覧になって頂き、思い出話を話します。
この日は、それをフォトムービーにして持って行きました。

思えば三年前、長男の卒団の時に初めて手にしたフォトムービー。
今度は、自分の手で作ってみたいと思っていました。

昨夏に、とあるソフトの解説書を購入し体験版を使って製作開始。
しかし、進捗思わしくなくこの半月で追いこみをかけました。
時期的に、今回の懇親会がまさにそのタイミング。
遅らせる訳にはいかない。
やればできるものですね。

作成していく過程で、このチームが背負った‘使命’というものをおぼろげながら感じました。
途切れた都大会出場。
復活の道を阻むライバル校の存在。
そして、その達成。

10分を少し超えた短いモノとなりましたが、多くはこのライバル校との戦いに時間を割くことになりました。

そして、都大会の2回戦、‘私学の雄’○星中学との試合前の挨拶。
わたしたちに背を向けて両校が並んだあの瞬間の写真、涙が止まりませんでした。
‘やっと、戻ってきたんだ、この子達は。’

親のわたしが撮っているため、どうしても写真の中心に長男が入っているものが多くなっています。
懇親会に参加していた皆様にそれをお見せするのは少々気が引けたのですが、同じ思いを共有して頂けたようです。
よかった・・・。

前回同様、この日も開店から閉店まで約6時間、飲んで食べて、話して笑って、本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。

さて、翌日。
長男が小学校時代に在籍したサッカークラブが、小学校6年生と合わせて卒業サッカーを催して下さいました。

何人集まるだろうか?と危惧していましたが、当時のメンバーほとんどが集結。
同じ町内の他チームとのダービー戦を3年ぶりに行うことが出来ました。
この日は高校3年生たちも集まってくれて、和気あいあいとした本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

あれもこれもこんな楽しい時間を過ごすことができるのは、子供たちがサッカーをしていてくれたお陰。
本当に感謝しています。
卒業おめでとう、みんな。
そして、ありがとう。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...