2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

真面目。

今の世の中、必ずしも褒め言葉ではないのかもしれません。
ここのところ親子話が続いて申し訳ないのですが、今日も少し。

小学校チーム時代、長男が点取り屋だったことはこのブログでも何度か触れました。
それが中学校に入ると、いきなりディフェンダー。
その理由は何だったのだろう?

彼が高校部に移って一年ほど経った頃でしょうか、中学部の監督先生とお話しする機会がありました。
そこで思い切って伺ってみたのです。
ストレートにではなく、やんわりと。

‘ 先生はどういうところを見られて、○○(長男のポジション)を選ばれるのですか?’

先生はお答えくださいました。
いくつかポイントがあったのですが、一番印象に残った言葉あります。

‘ サッカーに真面目な人間であるということです。’

フィールドプレイヤーとして味方ゴールに一番近いポジションだから?とわたしは解釈しました。
わたしは聞き返しました。

‘ 長男は、真面目ですか?’

先生もとても真面目な表情で、‘ 真面目です。’とお答えくださいました。
‘ ただし、サッカー以外は分かりませんが。’と付け加えられましたが。(苦笑)

そうなんだ。
小学校時代の彼からは想像つきませんでした。

真面目。

ここでサッカーの技術論だけを先生が話されていたら、わたしの心に残らなかったかもしれません。
とても嬉しかった覚えがあります。

その長男がことある毎に言う言葉があります。
‘XXにはかなわない。やつの言うことに疑いの余地ないもの。’

XXとは、同学年の部員。
第三者のわたしから見ても、融通の利かないくらい真面目。
しかし自分に厳しいその姿勢は、見る者を納得させるのでしょう。

ものごとに真面目。
わたしは立派な褒め言葉だと思っています。

・・今日も息子の話が入ってしまいました。
・・すみません。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...