2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

今大会ではっきりしたこと。(中学部・2014秋)

現在行われている中体連 秋季新人戦のX支部予選。
その組合せ表に記されていることから、はっきりしたことがあります。

・ トーナメント三回戦までは各区の一位同士が当たらないようにする。
・ 各区の二位は1回戦で各区の一位と当たらないようにする。
・ 同区の一位と二位は三回戦まで対戦しないようにする。
今まではっきりしなかった(わたしだけか?)支部内各区予選での順位の優位性。

・ 都大会に進出できる代表数が四→三に減少。
今まで基本二回勝てば行けたものが、三回勝たなければ都大会にはいけなくなりました。

そして、春季大会の廃止。
夏季総体の都大会出場枠を増やすという話があります。
が、それにしても都大会に進出するということのハードルが高くなったと言わざるを得ません。

以前は‘ 区は三位通過した方が、いいんだよ。’等ということが、応援保護者の中で度々言われて来ました。
気が引き締まるという面はあるのでしょうが、それを差し引いても前述の優位性は揺らがないように思います。

上位通過校の優位性がはっきりし、出口が狭くなる。
上部予選会への進出には、区での取りこぼしが命取りになる可能性が高くなったということです。

このことから‘負けないサッカー’をするというチームが増えるとは考えられませんか?

堅守速攻。
まずは堅い守りからという戦い方が。

学年が上がるほどに、レベルが高くなるほどに感じるのはディフェンスの大切さ。
よほど破壊的な得点力がない限り、やはり攻撃は水もの。
サッカーを続けていく上ではここを避けて通れないでしょう。
早くにその意識付けと体現が出来たチームが、今後晴れ舞台に上がっていくと思います。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...