2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

マフラータオルの謎。

先週の土日は、ベンツマーク校の文化祭が行われました。
夫婦二人で覗いて来ました。

わたしの目的は二つ。
一つは、純粋に子供たちの学校での活動成果を見聞すること。
そしてもう一つが、マフラータオルを購入すること。

活動成果に関しては、その一生懸命さは感じることができました。
が、もう少し独創性が欲しかったかな。
学校のしばりがあるのかもしれませんね。

以前他校で「室内ローラーコースター」を見た時には、よく学校側が許可したなぁと感心させられましたが、そんな驚きを感じることはありませんね、ベンツマーク校では。

さて、マフラータオル。
私たちはお昼近くに学校に到着したのですが、その時点で学校グッズはまさかの完売。
他の保護者の方のお話ですと、今年のマフラータオルの色は昨年の濃紺から明るい水色に変わっていたそうです。

??
普段マフラータオルを身につける方は、いらっしゃいませんよね。
おそらくほとんどの方は、学校行事か、部活の応援の際にアイデンティティーの一つとして身につけられると思うのです。
少なくともわたしは、そう思っていました。

そしてそのグッズの色は統一されているのではないかと思います。
そうではないと、何のためのアイデンティティーグッズか ということになりますから。
例えば日本代表の応援なら「ブルー」、韓国代表の応援なら「赤」のように。
去年は濃紺、今年は水色、これおかしくないですか?

一枚しか持っていないタオルを夫婦分にするために購入を考えていたのですが、もし買えたとしても躊躇したと思います。
何だか解せないマフラータオルでした。

一年生のクラブユースU-13も、クラブチーム相手に健闘しているようです。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...