2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

俺、じつはほっとしているんだ。

昨日のブログの更新時、書こうか迷いました。

高校総体東京都支部予選1回戦。
ベンツマーク高の初戦と言うことと共に、この試合は長男たち高一生の高体連参加初試合でした。

長男は、ボールボーイとして参加していました。
試合中、わたしは彼の背中を眺めていました。
試合中の彼のジャージ姿を観るのは、何年ぶりだろう・・・と。

昨日お話したとおり、試合後わたしは他の保護者の方々と楽しく飲食して帰途につきました。
会場最寄り駅で、偶然イレブンたちと鉢合わせ。
長男もその中にいました。

その時にふと思ったのです、‘やつと話して帰ろうと’。

いつもの通り、自宅最寄り駅で待ち伏せ。
何本か後の電車で、彼は降りてきました。
長男の昼食を買いがてら、少し遠回りして家に向かいました。

‘久しぶりに観たよ、お前のジャージ姿。’
‘・・・・・・。’
’・・・・・・。’

‘父さん、俺、じつはほっとしてるんだ。’

今年の高一生で、現在Aチームで練習を行っている部員は二人だそうです。
この学年のエースM君、そして長男。
長男はその練習の中で、自分の力の無さを痛感したそうです。

練習の度に、先生方や先輩から厳しく注意を受ける。
分かっているけど、それが出来ない。
そして、いろいろなこと。
ここ最近は、サッカーが全く楽しくなかったとこぼしました。

長男は、先々週の練習中に指にけがをしました。
練習を中断し、学校近くの病院で治療を受けました。
そしてその後、医師の許可が出るまで練習は見学していたようです。
しかし、長男は言いました。

‘中学の時だったら、包帯をぐるぐる巻きにしてでも練習に出てたと思う。’

その後も、ここ数ヶ月の苦しかった心の内を話してくれました。
わたしも自分の経験したことも含めて、いろいろと彼に話しました。
そして、言いました。

‘一度、止めてみるか? それも一つの道だとお父さんは思うよ。’
‘・・・・・。’
‘・・・・・・。’
‘・・・・・・・。’

‘いや、止めない。絶対に。’
長男は強く、言い返してきました。

‘なら、父さんはあまり観たくないなぁ、お前のジャージ姿。’
‘・・・大丈夫だよ。出場はMちゃんに先を越されたけど、高校に入って最初に点を取ったのは俺だから。’
と言い放ち、にこっと彼は笑いました。

帰宅後、長男は弁当をかっ喰らい、ビデオを見て、グーグー寝てしまいました。

書こうか、書くまいか 考えました。
こんな辛そうな彼の姿を見たのは、初めてでしたから。
このブログは、成長記。
彼のありのままの姿を書くことにしました。

‘なら、父さんはあまり観たくないなぁ、お前のジャージ姿。’
一言余計だったかぁ・・・。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...