2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

勝ちました。(中学部・2012夏)

今日は平日。
迷いに迷いましたが、応援に行きました。
勝ってくれるだろうとは思っていましたが、万が一負ければ明日はもうなし。
ここで彼らの雄姿を見ておかなければ、この二年間通い詰めた意味がなくなるのではないかと。

試合会場は、大井第二球技場。
夏の大会が行われる四会場の中で、個人的に一番好きな会場です。
何と言ったらいいでしょう。
人工芝の感じ、スタンドの雰囲気、ピッチまでの距離・位置、都大会に来たなぁと一番思わせてくれる球技場なのです。

さて、試合。
ここ数試合の勝ちパターンが出ました。
走って、走って、全員で守る。
少ない得点機をモノにする。
2-0.
完勝だったと思います。

DFの一人として出場した長男も帰宅後、話してくれました。
‘相手がひどくへばっていた。’

フルピッチ、涼しかったと言えやはり梅雨明け夏の気象条件。
こういう条件下では、気持の強さがモノを言うのでしょう。
この気持ちの強さは、日頃の練習の量が支えているのだと思います。

ベンツマークイレブンたち、何だかよく走っているものなぁ。
試合に行っても、試合後、30分くらい走って(走らされて)いるものなぁ。
試合を終えた相手チームが、気の毒に眺めています。

明日は、東京C鮮中学校が相手。
運動量勝負になるような気がします。
ベンツマークイレブン、君たちのサッカーを堂々と披露してほしい。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

[今日のBM11]
観戦ごとに、今日‘とてもがんばってたなぁ’と思う選手を紹介したいと思います。
これは本当に主観オンリーですので、ご容赦を。

UN.7・9番君 :ボランチの二人です。
60分間、ピッチを走り回ってくれました。

どれだけのピンチの芽を摘んでくれたことでしょう。
どれだけチャンスの起点になってくれたことでしょう。
ベンツマーク中学サッカー部の象徴のようなプレイを見せてくれました。
明日の活躍も期待しているよ。がんばれ7・9番君!

*BM11 - ベンツマークイレブンの略称としました。
*UN  - Uniform number
中体連の公式戦のみ、代表ユニホームを着用するようです。ほぼポジションに近い背番号を頂いています。

nice! nice!
読み込み中...