2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

強豪撃破、調子は良さそうですよ。(中学部・2012冬)

八日の練習試合を最後に、この冬休みの部活は終了しました。
年明けは、N大三中(5-2)、N座二中(3-0)など強豪チームに勝利し、調子は良いようです。

正月明け、久しぶりに観戦に行って気付いたことがあります。
それは、チーム編成。

今年度は昨年と異なり、秋の大会以降も二年、一年と学年別のチーム編成をある程度守って来ました。
去年の今頃は、Aチームの先発メンバーの半数が下級生で占められていましたから、傍から見ていると大きな違いを感じていました。

一度監督先生に伺ったことがあるのですが、「その年、その年で子供の性格も異なりますので」と至極当たり前のことをおっしゃっていました。
そりゃそうですね。

それが年明けの試合は、学年を越えた混成チームで試合を行うようになっています。
そろそろ、春季大会に目標を定めてチーム固めをしていく時期なのでしょうか?
逆に言えば、子供達としては今がアピールのしどきということになるのでしょうか?

秋から春は、中体連の公式戦が行われない最も長い季節です。
その待ち遠しさが、こんな勝手な憶測を呼び起こしてしまうのでしょう。

恐らくこの後も、山、谷が待ち受けていることでしょうが、充実したクラブ生活を送ってもらいたいと思っています。
早いもので長男たちも残り八カ月足らずで、中学サッカー部は引退ですから。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...