2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

続・マフラータオルのゆくえ。(中学部・2012年春)

先週末でマフラータオルの申し込みが締め切られました。
60枚程の申し込みがあったようです。
予想以上の数で、本当に嬉しい限りです。

今回は生産先の最低ロットである100枚をお願いしました。
この生産に関しては、製作実行委員であるお父さん3人で先に費用の分担をしました。

つまり、申し込みがあった分だけ手許にお金が戻って来ることになります。
土曜日にお会いした時に‘劇団員になった気分です。
自腹を切った分のチケットを売らなきゃならないって、こんな気持ちなんでしょうね’と笑い話をしました。

残った分は、先生にお願いして新入部員のユニホームの購入の際に‘お知らせ’を入れさせて頂くつもりです。
新入部員は例年、30人前後ですからちょうどはけるんじゃないかと思っています。
これで、中学部全学年のマフラータオルの応援が実現します。
手作りで作ったあのマフラータオルから考えると、夢の様な話です。

今回、あの親睦会で話を盛り上げてくれたお父さん方、そして精力的に企画・生産・販売を進めてくれた実行員会のお二人のお父さんに本当に感謝しています。
あ、今日も感謝してしまったぁ!

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...