2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

楽しくなってきたぞ。(2014冬)

ウィンターカップ最終日、連覇をかけて対 K學院高校との試合がありました。
わたしは体調を崩して、観戦に行けず。
応援仲間のお父様が送ってくれる試合速報を楽しみに、一日床に伏していました。
同じく観戦に行けなかったお父様を含め三人のやりとりを。

‘K學院戦、いま前半終わって1対1の同点です。
終了間際に同点にされました。
もったいなかったです。
こちらの得点は91番。
前に放り込んだボールにキーパーが出てきて、それをかわした後のゴールです。
向こうはミドルシュートをキーパーが弾いたところにつめられてです。’

とまず一報を頂き、その返信。

‘初失点ですね。
後半の引き離しを期待しています。’

と当たり障りのない返信を戻す。
で、ここで気づきました。
91番?
91番、中三生ではないか!
そこでもう一度返信。

‘91番と言うと中三生ですね。’

そこにご子息が体調不良で試合にいけなかったお父様から返信。
○○君だそうです。’

試合が終わり、一報。

‘ 試合終了です。
結局、後半3点を奪って4対1の勝ちでした。
91番が更にヘディングとミドルの2点でハットトリック、33番がミドルの1点です。

2点目をとってからはパスがよくつながり、ベンツマーク校の完璧なペースでしたね。
とくに2点目は、26→33→91ヘディングでフィニッシュと綺麗にパスがつながり誠に素晴らしい攻撃でした。’

正直、驚きました。
新人戦が終わり、来春に向けてのチーム作りが始まったばかり。
中三生が参加する初大会だったと思います。

そこで先制を含む、ハットトリックだなんて・・・。
他の中三生も少しずつB、Cチームで出場し始めたようです。

先日書きました「来春に向かっての考察 」。
その中の一項目‘中三生の押し上げ’
わたしの予想に反して、早くも始まったようです。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...