2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

病床からのリクエストにお応え頂いて。(2014冬)

昨日終了したウィンターカップ。
わたしは体調不良のため応援に行けず。
床の中から、こんなお願いをしていました。

‘ 皆様の試合レポートを楽しみに、療養に努めたいと思います。’

頂きました、試合レポートを。(嬉)
下級生の保護者の方からのお話しです。

普段お話をする機会の少ない他の学年の保護者の方からのコメントやメッセージは、本当に嬉しいものです。
病床にいた昨日は特に嬉しいものでした。

ご許可を頂いたうえで、抜粋・掲載させて頂きます。
以下。

今日は、私の少ない観戦経験の中でも、貴重な一日でした。
始めて中三生が先輩と同じピッチに立つのを見たからです。
今までは、中三単独チームがほとんどでしたから。

正直、ピッチに立てば、先輩も後輩もないんだな、そんな感想です。
中三生も同じチームの仲間として、よく声も出していたと思います。
少しワクワクしてきました!
ほんとうにもうお客さまでないんですね。
(~)

続くC戦、ハーフのみ、中三生数名が参加。
素人観戦保護者は、もっと本気で走れ、下を向くなとつぶやきました。
先輩とのチーム、初観戦でした。

昨日、今日の経験は、息子には、小さな自信になったようです。
B戦、C戦といえども、監督に認めてもらわないと出られないわけですから。
(~)
Aチームの試合に出た二人に限らず、中三生、本気で頑張っていきましょうね、春にレギュラーとるつもりでね。

相当厳しいと思いますが、これが、チームの活性化につながるんだと思います。
社会と同じだと思います、若い人が頑張っている組織はつよい!
長々とすみませんでした。
寒いけど、熱い一日でした。

応援お疲れ様でした。
>社会と同じだと思います、若い人が頑張っている組織はつよい!
わたしもそう思います。
これからの中三生の活躍で、心安からぬ上級生が一人でも二人でも出てきたならばこのチームは強くなります。

インターハイ予選まで四か月。
戦力の大きな補強が難しい普通校では、この四か月にどれだけ切磋琢磨出来るかが勝負なのです。

・・・来春、都大会二次予選の応援に行ってみたいなぁ。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...