2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

一勝。(高校部・2015秋)

昨日、高校部の新人戦初戦が行われました。

一昨日夜は、遠足状態。
防寒具を初め持ち物を整理し、乗り継ぎの確認。
久しぶりの高校部の試合観戦。
見慣れた部員たちの試合。
楽しみで楽しみで、仕様がありませんでした。

東京メトロ・埼玉高速鉄道・路線バスと乗り継ぎ、試合会場に到着。
紅葉の進む木々溢れる、大学キャンパス内のグラウンドでした。
観戦の保護者は、優に二十人は超えていたでしょうか。
顔触れも大きく変わり、新チームの始まりを改めて感じました。

さて、試合。

わたしの興味は一点に注がれていました。
ディフェンス。
中盤、前線と旧チームからの大きなメンバーの交代はないだろうと思っていました。
それだけこの夏までは、下級生と共に試合を戦ってきたということです。

ディフェンスライン四人。
高二生と高一生が各二人。
新たにポジションに加わった選手が二人。
どれだけの連携を見せてくれるのか。
中心となるべきイレブンがどれだけ引っ張れるのか。
ひと月以上前になるでしょうか、最後に観た試合ではチグハグ感が拭えませんでした。

 

初戦の相手。
失礼ながら、ノーマークでした。
大差で勝利するだろうと。

前半は0-0.
わたしの予想を覆して、好ゲームとなりました。
本当に失礼な話です。

相手校は、まとまりのある良いチームでした。
攻めも守も一進一退。
その状況の下、デフェンスはよく機能していました。
これも嬉しい予想外。

後半、先制点。
左SHイレブンのミドルシュートでした。
その後、途中交代で入ってきた一年生FWが抜け出して追加点。
点の取り方も時間帯も良かったと思います。

試合終了後、言葉が出ました。
‘ いいチームだなぁ。’
と、’褒め’はここまで。

試合の流れとして、緩急が足りないと思いました。
縦の勝負は嫌いではありません。
しかし、そこに行くまでの過程をもう少し工夫するべきでしょう。
そうすることによって、より効果的な攻撃が生まれるとわたしは思います。

そして、もう一つ。
静か過ぎるよ。

意思の疎通が足りな過ぎます。
ウォーミングアップのあの声は、Fake?
動いて欲しいなら、ボールが欲しいなら。
自分から声を出さなくては、周りは反応しません。

‘アイコンタクト’なんて恰好つけずに、原点に戻ろうよ。
(アイコンタクトも出来ていないし。)
声を出す。
これはこの学年の長年の課題。

残り三大会。
変わるなら、今しかないと思います

 

この新人戦、山は今日の試合にあると考えています。
相手校は、今夏の選手権都大会出場校です。
昨日の試合では激しくプレイしていました。

この相手にどこまで戦えるか。
そう、どこまで‘ 行けるか ’だと思います。
今日も楽しみにしています。

平成27年度 新人選手権大会地区予選
三回戦
対 M白研心高校戦
11月23日(祝) 12時30分キックオフ
於:T京成徳大原グラウンド

 

がんばれ、ベンツマークイレブン。

 

nice! nice!
読み込み中...