2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

愛すべきイレブンたち。

長男が入部以来、かなりの試合を観て来ました。
そのお陰か(?)、長男の代のイレブンからは、‘スタッフ’と呼ばれているそうです。(笑)
わたしもそのお陰で、彼らとごく普通に(?)話すことが出来ています。

概して、ベンツマークイレブンたちは、おとなしい子が多いように個人的には思えます。
が、イエスマンばかりでもないようです。

そんな子たちが試合に出ていないと、
‘○○君、また何かやっちゃった?’と観戦者も何やら楽しげ。
何かを期待している感もあり。
憎めない子たちなのです。
わたしに真っ先に挨拶してくれるのも、彼らです。

昨日長男から聞いた、そんなイレブンたちのあるプレイヤーの話を。
こんな感じの内容だったと思います。
X君としましょう。

‘もうやめた。
こんなきつい練習、やってられない’とベンチに座り込むX君。
‘そう言わずに、もう少しがんばろう。’と、この代のキャプテン。
‘いや、もうやってらんない。
俺、帰る’と西洋人ばりのジェスチャーで、X君。

長男が、ゲラゲラ笑いながら言ってました。
‘やつのいいとこは、そこで帰んないとこなんだよなぁ。
ずっと座ってたよ’
そんな感じの話だったと思います。

このX君、試合中はとても熱いプレイヤーなのです。
前述した大きなジェスチャーで審判にもアピールします。
がむしゃらに走ります。
熱苦しいほどです。(嬉)

それがピッチ外で話すと、ぼそぼそと。
本当に愛すべきプレイヤーの一人なんです。
こんな子たちのプレイ、観ないでおけますか?

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...