2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

ユースリーグ。(2013冬)

ユースリーグを観戦してきました。

相手は、板橋Y高校。
先発メンバーは、中三生1名・高一生6名・高二生4名。
すでに春の大会を念頭にメンバーが組まれ始めています。

試合は2-0から、後半追いつかれて引き分けで終了。
圧倒的に攻め込みながら、決める時に決められないと言ういつもの悪いパターン。
失点は、短時間の間にバタバタと。
当たり前ですが、チームとしての完成度がまだまだ低いと言った感じです。

中三生が公式戦に初めて出場してきました。
途中交代を含めると二人。
この後も、続々出てくることでしょう。
なにせ、この学年は都大会三位まで行った学年ですから。

逆を言えば、上級二学年はポジションを奪われかねないと言うことです。
わたしは、そうであるべきだと思うのです。
上級生には勘違いをして欲しくない。
今、ポジションを手にしているのは、高三生が抜けたからであるということ。
ただそれだけのこと。

チャンスは、全部員にあるのです。
ベンツマーク校サッカー部は、普通の部活です。
特別な才能を持った選手がポンと入ってくる訳でもなし。
切磋琢磨が命綱なのです。
来春にどんなどんでん返しが起きるのか?今から本当に楽しみです。

高校部は、今日は部員主催のお疲れさん会だそうです。
試合の後に鍋パーティーを行うと言っていました。
グラウンドを離れると仲の良い先輩後輩、これもベンツマークイレブンたちの良いところだと思っています。

明日から、私立五校によるウィンターリーグ。
平日開催で観戦に行けないのが、本当に残念です。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...