2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

ユースリーグ‐その2。(高校部・2013冬)

ユースリーグがありました。

相手は、T山高校。
練習試合も含めると今年三回目の対戦でしょうか。
二月は完勝、八月の選手権予選は辛勝。
対戦するたびに強くなってるなぁと思っていました。

またこの学校は、長男のスポーツ団時代の先輩が所属するチーム。
このブログにも何度か登場してくれていますね。
殊更、この試合には興味がありました。
・・・残念ながら、観戦には行けませんでしたが。

結果は、0-1の負け。
惜敗だったのか、完敗だったのかは分かりません。
正直なところ、そんなもので済んだか・・・というのが実感です。
二月は都のベスト20になった時のメンバーで、八月はそこから一部高三生が抜けたメンバーで対した結果でした。

今回は高一生や中三生が多くを占めるメンバー構成。
ボコボコにされるだろうというのがわたしの予想でした。

相手校のコーチが書かれるブログを拝読していても、T山高校のここ数ヶ月の戦績は目をみはるものがありました。
今秋の新人戦でT1リーグ(=都高体連のトップリーグ)の東京C鮮高校と対戦。
負けはしましたが1-3と言う試合内容を残していましたし。

試合前日に書かれたそのコーチのブログにも、ベンツマーク校を意識する内容が書かれていました。
巻末の一文、‘ぜひ、夏から成長した姿を見せつけましょう!’

今度はベンツマーク校が、その立場です。
下級生を多く含むこのチームだからこそ、これからの半年間の成長が楽しみです。
来春、‘ぜひ、冬から成長した姿を見せつけて’欲しいものです。

今日は、ベンツマーク校とは縁のある学校です。
このチームの指導者は、昨年までベンツマーク校サッカー部のコーチでした。
このブログでもちょうど一年前(2012.12.25)に、「去り行くXコーチへ」という題目で登場していただいています。
この新人戦では、他の地区ではありますが決勝まで進んでいます。

そして、明日はウィンターフェスティバルの最終戦。
気持ちよく今年を締めてもらいたいものです。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...