2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

一次予選グループ首位通過です。(中学部・2015春)

中学総体区予選一次二回戦。
11-0。
勝ちました。

区の予選と言えば、このグラウンド。
K城中学校に行ってきました。

今日の試合は、8時30分キックオフ。
保護者ではなく、家庭持ちでもある、わたし。
こそっと、抜け出しやすい、ありがたいキックオフ時間でした。

 

さて、試合。
最近、注文ばかり出しています。
何だかなぁと思われている方も多いかもしれません。
ごめんなさい。
今日も、気になったことを書きます。

予選初戦。
流れの良い試合をしていました。
それが、今日はバラバラ。
相手の力は初戦の方が上だったと思います。

実際、今日の方が得点を重ねている。
失点もない。
けれど、バラバラ。

確かに今日の出場イレブンの背番号。
やたら、20番以降の番号が目につきました。
察するに、今日の試合がテストの場と考えられていた節がありそうです。

しかし、それだけでは説明できない場面も多々ありました。

 

今日のバラバラ。
ボールの扱いが全体的に雑だったからではないでしょうか。

自分の意の場所にしっかり止められない。
受け手にとって追い切れる場所にパスが出せない。
そんなことが重なり、リズムが悪かったのではないでしょうか。

ホームグラウンドが人工芝に変わったことへの影響が出ているのではないかと思いました。
人工芝はスキーで言えばパウダースノーで、真の力を隠してしまう。

イレギュラーはしないから、未熟なトラップでもボールを止められてしまう。
また、多少強めに出してもボールが止まってしまう場合がある。
逆にその感覚でパスを出すと、味方が追いつかないようなボールを蹴ってしまう。

人工芝と土のグラウンドでは勝手が異なるということはよく耳にする話です。
多様な条件に対応できる力がまだ養われていない状態で良い環境を与えられてしまった、つけと言うか不慣れと言うか。

 

今日勝利したことで、区二次予選に駒を進めることになりました。
グループ1位通過で、二次初戦は他グループ2位校と対戦。
加えて、再びホーム人工芝グラウンドでの試合。
わたしの懸念は、ここでは現れにくいでしょう。

少し先の話になりますが、区準決勝。
ここでの戦い方に、注目しています。
区強豪相手に状況にあった対応が考えられるか、実践できるか。

区二次予選進出。
イレブンのみんな、おめでとう。

 

がんばれ、ベンツマークイレブン。

 

nice! nice!
読み込み中...