2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

初観戦。(中学部・2014秋)

昨日は中学部新人戦区予選初戦を観戦してきました。

会場最寄駅に到着。
いつもの改札、いつもの坂。
この坂を何度上ったことだろう。
そして何度下ってきたことだろう。

現高二の中学二年の秋、区予選で敗退。
‘・・・しょうがないよな。’
ぶつぶつと独り言を言いながら、この坂を下ったことを思い出していました。

‘そんな彼らも、残すところ数大会かぁ’
わたしにとってこの会場は、ベンツマークイレブンたちが一歩を踏み出す、懐かしくそしてありがたいグラウンドです。

学校内に入ると、待機している複数のチームが目に入ります。
‘ あれ? ’

確かにいつもの通り早く来ました。
前の試合から、そしてベンツマークイレブンたちのウォーミングアップから観ようと思ってきたからです。

‘ ひ、ふ、み、よ ’
ふたチーム多い。

そこで学生コーチであるYコーチと目が合う。
‘4時半からですよ。’
‘ 4時半!!’

待たされることよりも、誤った試合日時を書いてしまったことに悔みました。
わたしの誤報により早く着きすぎてしまった保護者の方がいらっしゃったら、お詫び申します。

‘ 申し訳ございませんでした。’
そして、
‘ 時には早く来て、他校も応援してあげてください。みんな一生懸命やっています。’

Yコーチと長めの立ち話をしたのち、顔なじみの中一保護者の方と話し込む。
そうこうしているうちに、前々試合が終了。
主審をされていた監督先生が戻られてきたので、挨拶。

満面の笑顔を頂き、
‘ 来られると思っていましたよ。’
‘ 恒例ですから。’

試合は、12-0。
相手校の力を考えると、この得点をどうこうは言えません。
ただ、遠くからもゴールを狙おうとする姿勢は大きく評価できると思います。

ディフェンス陣は、正直これから。
若さ(怖さ)が出ていました。
これから経験を積んで、強く、大きく成長していくのでしょう。

帰り際にO先生に挨拶をして、そして正門守衛の方に挨拶をしてこの会場を離れました。
やはり、グラウンドはいい。

新チーム初観戦。
一年が始まりました。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...