2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

明けましておめでとうございます。(2012年1月)

ベンツマーク中学サッカー部は、29日の部室掃除をもって昨年の活動は終了したようです。

洗濯に、応援に、保護者の皆様、ご苦労様でした。
そしてご指導頂いた先生方、ベンツマークイレブンのみんな、熱戦の数々ありがとうございました。
皆々様のお陰で、楽しい週末を過ごすことが出来ました。
・・・本当に楽しかった。

ベンツマーク中学サッカー部の関係者の皆様、そしてこのブログをお読みになって頂いている皆様、
今年も何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、昨日の大晦日。
長男とわたしには恒例の行事があります。
それは二人で、アメ横に正月用の買い物に行くのです。

これはわたしとわたしの父との行事でもありました。
それを長男にも引き継いでいるような形になっています。
別にアメ横まで行かなくとも用は足りるのですが、この日になるとあの混雑に身を置きたくなりまして。

長男と二人で行き出したのは、彼が小学校の低学年の頃。
大晦日のアメ横はテレビに映し出される、あの光景のままの混雑ぶりです。
長男が迷子にならぬよう、強く手をつないで歩きました。

それが高学年になる頃には彼の背が大人並みになり、手をつなぐことを躊躇したことを今でも覚えています。
子供が大きくなることは親として本当にうれしいことなのですが、あの時ほど‘もう少し、子供でいて欲しい’と感じたことはありませんでした。

今日もお昼過ぎに二人で家を出ました。
毎年、御徒町口から進みます。
そして毎年、上野口で後悔するのです。

目的のモノは毎年決まっていて、各お店のお兄さんたちとじっくり掛け合いをしながら購入したいのですが、Uターン地点である上野口まで我慢できない。
なぜか上野口に近づくほど、品物が良く見える。
まぁ、となりの芝生は青い というやつなのですが、それが分かっていながら我慢できずに買ってしまう。

今年は絶対に我慢しようと二人で誓いました。
我慢して、我慢して、上野口角の店までたどり着きました。
そこで交渉開始。
粘ってみたのですが、やはり時間が悪い。
時間がちょっと早いのです。

日が暮れる頃ならばもう少し足元を見れるのですが、嫁さんから遅くならないようにとのお触れが出ている以上、その時間まで引き延ばすことは難しい。
とりあえず、ある程度のところで手を打ちました。
我慢もしたし、そこそこの値段で買えたのでよしとしました。

その後、これも毎年の恒例の行事。
AKB劇場の前でたこ焼きを二人で食べて、帰って来ました。
たわいもないことなのですが、長男と二人でいくアメ横・秋葉原が何だか身にしみるのです。
いつまで続けられるのだろう。
わたしの父もそんなことを考えていたのかもしれません。

正月三が日までがサッカー部の休みのようです。
長男にとって数少ない連休は、家族にとっても数少ない連休です。
家族四人で楽しく過ごすつもりです。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...