2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

新入生の部活動始め。

新入部員の保護者の方から、タイムリーなコメントを頂きました。
前回ブログ ‘テーマ設定に「中学受験」を含める。’ に対してコメントを頂きました。

その主は、今春めでたくベンツマーク中学に入部いや入学を果たしたちびベンツ君のお母様。
あまりにタイムリーなので、本日のブログに転用させて頂きました。(嬉)
以下。

「中学受験」テーマということで、一年生でのこの二カ月の様子について、受験生の参考になればと思いご紹介します。

入学式の翌週、一年生を対象に顧問の先生より説明会が開かれました。
クラブの方針・活動状況の説明があり、そこで入ってみたいと思う一年生は仮入部となります。
「一年生でも玉拾いはありません。」という説明もあったようです。

仮入部中も二回ほど公式戦の後に、一年生の練習試合がありました。
また仮入部中は、先輩たちより早めに練習が終わっていました。

5月考査後、本入部となりますが、その前に保護者説明会がありました。
「夏・春の合宿の説明、日々の練習の状況、年末年始5日間、夏休み最後の5日間のみお休みがあるが、それ以外は練習という説明などがあり、ベンツマーク校では1・2を争う厳しい部活ではあるが、ご家族の理解と選手への後押しをよろしくお願いします。」というお話でした。

その場で本入部の届け出、ユニホーム申込書などをいただき、親子で決意を新たにし、本入部となりました。

他の部活動の保護者の方とお話ししましたが、本入部前保護者説明会はなかったようで、サッカー部は本入部前に説明会を開いていただけて、とても助かりました。

本入部後、しばらくしてから一年生への朝練習の説明⇒参加となり、段階を経て活動の幅を広げていくので、無理なく参加しています。
またクラブチームでなく、縦割り社会の部活動なので、どのような時も先輩の試合についていくのかと思っていましたが、片道2時間近くかかる遠方の試合の時は、一年生は居残りで校内で練習を行っていました。

先輩たちの活躍を手本に、筋肉痛を訴えながらも充実した日々を送っています。
以上です。

ちびベンツ母様、
お忙しい中、本当にありがとうございました。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...