2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

中学部 総体区予選優勝。(2014夏)

まずは先に高校部の話を。

前回対戦で0-3の完敗を喫した都立T山高校との練習試合。
高校総体予選後、初めての対戦となりました。

少なからず高三生は、すでに引退。
互いに大きく顔ぶれが変わったのではないでしょうか?
結果は、3-1の勝ち。
コンパクトな陣形を保ち、セカンドボールをしっかり奪えたのが勝因でしょうか。

これって、昨日の中学部準決勝の報告でも書いたような。
やることをしっかりやれれば勝てるのです。

さて、中学部。
残念ながら応援にはお伺いできなかったので、保護者様からのレポートを掲載させて頂きます。
以下。

中学部は優勝しましたが、見ていて気分がいい試合でした。
相手応援団には申し訳ありませんが。
私は素人なので詳しい事はわかりませんが、いつの時もベンツマーク中学側の動きが半歩早く、結果ボールを奪う事が多く、相手をいつも「イラ!」とさせる感じでした。

相手校がいつもそうなのかわかりませんが、両腕で選手を抱え込む、ひじ・体でおもむろにぶつかったり、つかんだりがとても目立ちました。
半歩遅れて悔しくて、ついラフプレーになってしまうのか。

でもベンツマーク中学は、気に留めず最後まで半歩先の自分たちのプレーをしていました。
そこがまた気分を良くしてくれるのです。
失点時はベンツマーク中学の選手がけがで5分近く抜けていた時でした。

スコアが分からないのが残念ですが(笑)、とてもよい試合内容だったのでしょう。

失点時に選手が5分近く抜けていたとのこと。
交代選手を入れないところに、この選手への信頼の高さが分かります。

まだまだここは通過点。
試合毎に、自分に問いかけてほしいのです。
もう一歩、身体を寄せられなかったか?
もう一歩、ボールを追えなかったか?

総体区予選優勝、おめでとう。

<追記>
3-1での勝利だそうです。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...