2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

中学部の君たちに聞く。(2014秋)

中学部支部予選初戦、残念ながら敗退してしまいました。
わたしは応援に伺えませんでした。
なので、想像だけで述べることをお許しください。

0-1、0-1、0-2。

強い気持ちで戦えたかい?
自分たちの成長の種を蒔いてきたかい?
涙をグラウンドに置いてきたかい?

君たちにこの写真を見せる。

悔し涙

君たちに、この気持ちが分かるかい?

僕はこう書いた。
‘ けがとはその選手の心の甘えが生み出すもの。
けが人が多いチームなど、戦う以前の問題なのです。’

この区予選からどんな気持ちの変化があった?
どんな・・・・。

この写真をしっかり見てくれ。

彼は泣いた。
けれど、
つぎの春にはひとつ大きく、その夏にはもうひとつ大きくなって帰って行った。

甘くないよ。
都大会は。
全国は。

本気でやってみなよ。
一度しかない、中学三年間だよ。

この写真を見てほしい。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...