2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

指導に望むもの。

わたしは以前、少年サッカーの指導をしていました。
その経験を通じて、強く思ったことがあります。

‘企業と同じく少年サッカーチームも、しっかりとした理念を持つほど強い集団になれる。あらゆる実力を受け入れる草チームほど、それが重要である’

わたしが指導していたチームは、高学年で伸び悩みました。
‘何故?練習量は、他のチームに負けてない。何故なんだ?’
悩んだあげ句、ふと思いました。
‘この子たちは、サッカーをする準備がまだできていないんだ・・’

遅刻、忘れ物、用具のメインテナンス、準備・後片づけは人まかせ、ひとの話を聞かないその他諸々あげたらキリがありませんでした。

わたしはその時に、この小学校チームには「年相応の当たり前のことを、当たり前のように出来る子どもを育てる」という理念が必要なんだ。
それを自分たち指導者が、怠ってきたつけが今来ている と思ったのです。
検証をすることは出来ませんでしたが、指導を退いた今でもそう思っています。
そしてこのことはまさに、中学の部活にもあてはまることだと思っています。

先日もお話しましたが、長男の入部後、このベンツマーク中学サッカー部には ‘ サッカーをする資格 ’ なるものが存在することを知りました。
詳しくは理解していないのですが、わたしはこの‘資格’なるものがわたしが思う ‘ 理念 ’ のようなものであって欲しいと願っているのです。

わたしは、ベンツマークイレブンたちがしっかりとした下地の上に、部員一丸となって強い集団に育っていくことを願っています。
そして、彼らをそのような人間に育ててもらいたいと 指導をお願いする先生方には心から望んでいます。
ベースは家庭にあるんですけどね。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...