2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

大事な時間。

土曜の今日、久しぶりに休みが取れました。
そこで朝一番、嫁さんと二人映画を観てきました。

映画の題名は、「英国王のスピーチ」。
ジョージ六世(エリザベス女王の父君)と彼の‘どもり’治療のドクター(正式には医師ではないのだが)ライオネル・ローグとの話でした。

話題の作品だったので、早めに映画館に向かいチケットを購入。
その後、上映まで二人でお茶をしました。
基本休日はサッカー観戦で家にはいませんし、たまの外出(サッカー以外)も子どもが一緒の場合が多いですから、二人でお茶をするなんて久しぶり。
わたしはとても楽しい時間を過ごしましたが、彼女はどうだったでしょうか?

さて、映画。
子どもが生まれて以来、映画と言えば‘日本語吹き替え’で観る習慣がついてしまっていたのですが、久しぶりの字幕スーパーでの鑑賞。
実に十数年ぶりだと思います。
映画が始まり、字幕であることに気づき何だかドキドキしてしまいました。
それは、初めて海外に行った時のような気持ちでした。

長男も今日は練習がなく、むすめ共々半どんでお昼過ぎには帰って来るため、
少し残念でしたが、映画を観終えてすぐの帰宅となりました。
今後も、嫁さんやむすめとの時間を大切にしていきたいと思っています。

nice! nice!
読み込み中...