2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

二年前と同じ光景。(中学部・2012春)

春季大会後初めての試合が、先週末にありました。

グラウンドに到着すると目についたのが、赤パン集団。
新入部員が先輩たちのサブパンツを借りて、試合に参加しているのです。
揃っているのはこの赤パンだけで、上着もソックスも各々バラバラ。
体操着を身につけている部員も、見受けられました。

この光景、全く同じだなぁ。
長男の初試合も、同じ場所で、同じような身なりで行われました。

あれから二年。
小学校を卒業したばかりのちびっ子たちが、今では堂々と先輩面をしています。
本当に早いものです。

総体予選は、来月10日頃から始まるようです。
負ければ、そこで引退。
翌日から、高校部への合流となります。
この二年間の努力の成果を、一日でも長く見せ続けてもらいたいと心から願っています。

追記.
この日の第三試合目、新入部員の試合が組まれました。
その試合を見ていて、何だか得した気分になったのです。
それはゴールキーパー。

ベンツマーク中学サッカー部では、わたしが知る限りではこの三年、GKの経験者は入部して来ていません。
今年はいるのです。

声も出る出る。
しっかりコーチング。
パンチングもするぅ(パンチングなんて何年ぶりに見たでしょう・・・)。
果敢な飛び出し。
まさしくゴールキーパーです。

先輩GKがどうのというのではなく、すでに数年間経験があるというのは大きな強みだと思うのです。
一試合目から、このインパクト。
夏以降も、見に行っちゃおうかな。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...