2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

知りたガール風ボーイ君へ

25日のブログに対して、知りたガール風ボーイ君 から気持ちのこもったコメントを頂きました。

返信をしたためていましたら、いつものように長い文章に。
以前にもありましたが、今日のブログの1ページにしてしまおうと思いました。
知りたガール風ボーイ君からのコメントを拝借しながら、返信内容を綴りたい思います。

知りたガール風ボーイ君より

主人公の彼とは違うかもしれませんが、僕も時々何で眠くしょぼくれた目をこすりながら、先生の怒鳴り声ときつい練習の待っている場所にわざわざ行くのかと思うとやる気がナエます。

先生には良い所と悪い所がある気がします。
主人公の彼にも何のためにやっているのか分からなくなる時がある事を知ってちょっと安心しました。

今年は去年とは違い、彼みたいな選手と1年半一緒に活動したからか、少しでも長く一緒にサッカーがしたいと思いました。
部活を続ける意義がはっきりしないためか僕は中二ですが、高校もサッカーをやるか悩んでます。

チームが新しくなってさみしさも残りますが、このチームでその意義を見つけられたらいいなと思っている所存であります。
チームを引っ張って来てくれてありがと~。また一緒にやる時があったらかわいがってやって下さいと思っている所存であります。

(返信)
こんにちは。コメントありがとうございました。
文章を拝見すると、君もベンツマークイレブンの一人なのかな?

先生 恐いし、練習もきついよね。
長男も入部当初は、そう言ってました。
特に先生のおっしゃっていることが、よく理解できていなかったようです。

父親であるわたしは、彼によく言ってました。
‘今は分からないと思うけど、大人になれば分かることも出てくる。
今は、お前が社会に出るための「大人の理不尽」を学んでいると思いなさい’と。

なぜ「理不尽」なんて言葉を使ったのかなぁ?
観戦者のわたしから見ても、先生のおっしゃっていることを君たちが到底理解しているとは思えなかったからだと思います。

人間が成長する中で、そんな時期が必ずあると思います。
わたしもそうでした。
当時は‘うざい(そんな言葉ありませんでしたが)’のような言葉をよく使っていましたが、大人になった今は使わないものね。(笑)

練習 きついよね。
走ってばかりだものね。

けど、長男がこの予選そして本戦を戦っている最中によく言ってたよ。
‘試合最中に、相手がバテて行くのが分かるんだ。
それを感じると、俺たち、負けないと思った’ってね。

気持ちの強さは、日頃の練習量が支えてくれるんじゃないかな?

長男は、ある時期から先生への不満や練習のきつさは一切言わなくなりました。
(疲れた、疲れたとは言ってますが)
加えて、この頃よく言うのが‘小学校の時、もっと一生懸命やっておけばよかった’という言葉。
積み重ねの大事さを、やっと感じてきたんだなぁと。

今の二年生は部員も特別多く、試合に出るのも大変だと思います。
モチベーションを持ち続けるのも大変だと思います。
やめたくもなるよね。
けれどベンツマークイレブンの応援団としては、みんなに続けて欲しいと思っています。

わたしは、応援に行くといつも思います。
‘ベンツマークイレブンでいることって本当に大変だなぁ’って。

大人に「大変だなぁ」と思わすことを、君たちは続けている。
これって、すごいことじゃない?
六年間、やりきった君たちがどんなに成長しているか本当に楽しみです。

最後に、このブログの主役は長男ではありません。
臭いことを言いますが、ベンツマークイレブンたちみんなが主役なのです。
長男一人の魅力では、そう毎週 応援に行けないです。(笑)

みんなの成長して行く姿を見て書き残しているのが、このブログ「ベンツマークイレブン応援記」なのです。
コメントありがとうございました。
またくださいね。

がんばれ、知りたガール風ボーイ君!
がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...