2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

レッズランドにて。(2013秋)

久しぶりに観戦してきました。

試合は夕方四時のキックオフ。
すでに照明が入り、試合が終わる頃には周囲は暗闇に。
木々に囲まれ、都心では感じられない‘匂い’。

こう書くと、何だか風光明媚な高原に来たかのようですが、実際は‘こんな外れにレッズの施設があるのかぁ’という感じ。
しかし、天然芝二面に人工芝一面のサッカーグラウンド。
設備は素晴らしい。

‘ああ、こんなグラウンドをベンツマーク校も持っていたらなぁ’と言う、いつものやっかみから観戦は始まりました。

これはひと月まえに新チーム初試合に後に書いたブログの一文。
‘わたしの予想を大きく覆したのは、そのスタメン構成。
高一生6名+高二生5名の構成。
(中省略)
正直個人的には、高一生に片寄るだろうと考えていました。’

今回もこの路線でメンバーは組まれるのだろうと思っていたのですが、またもや覆えさせられました。
高一生9名+高二生2名の先発構成。
こうなったかぁ・・・。

試合は0-2。
点差以上の完敗。
前半のシュート数3、後半0。
そのうち、シュートらしいシュートは1。

サイドから組み立てて行くと言うの変わらずなのですが、中盤を端折り過ぎ。
目指すサッカー像が見えない試合でした。
個人の動きは悪くないのですけど・・・。

高三生がしっかりしていた分、この二学年にはA戦に出ていた選手が少ない。
加えて、前回の試合からかなり時間が経っています。
試合感も戻っていないのではないでしょうか?

この連休も試合はなし。
次の日曜日に試合がなければ、このまま予選に突入することになります。
難しい大会になりそうです。
願わくば初戦に勝利し、二回戦のD校との試合で経験を積んでもらいたい考えています。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...