2020年に向けて彼らの挑戦が始まりました。イレブンへの応援を宜しくお願い致します。

春夏秋 都大会出場。(中学部・2012年秋)

支部決勝に勝ちました。

初戦とは打って変わって、今にも雨粒が落ちて来そうな空模様でした。
以前と何ら変わらず、キックオフの一時間前には試合会場に到着しイレブンたちのウォーミングアップを眺めていました。

このブログを書き始めた頃、「ベンツマークイレブンを1.5倍楽しむ」と称してこんなことを書きました。
‘ウォーミングアップから楽しい。’

‵部員全員で、かなり大きな声を出して行っています。このウォーミング方法を取り入れた他の学校もあるようです。但し、これはかなり早い時間に行かなくてはなりませんし、見づらい場所で行っている場合もありますから要注意です。’

毎週のように見ていたこの光景ですが、長男たちが中学部を離れて以来久しぶりで、あらためて新鮮な気持ちで眺めていました。

この日は、観戦仲間のお父さんも応援に駆けつけられました。
‘○○先生のあの声を聞くと、落ち着きますねぇ。’

以前は長男が叱られたりしていると、父親のわたしが委縮していたりしていたものですが(笑)、その声も聞かなくなると寂しいものです。
本当に、長男たちのあの夏の日々が遠い昔のようです。

さて、決勝戦。
押し込むのですが、点が奪えません。
そうこうしているうちに、試合終了。
延長(5分×2)でも決着がつかず、PK戦へ。

先行となったベンツマーク中学 1人目のイレブンが、外します。
俄然、緊張感が高まります。
お互いに二本ずつ外し、サドンデスに。
そして相手チーム7人目のプレイヤが放ったシュートは、GKの真っ正面に。

おめでとう!
これで、春夏秋と通年での都大会出場となりました。
一年前には都大会への連続出場も途絶えてしまったことを思うと、本当に夢のようです。

さて、試合後、この支部の応援後には必ず立ち寄っていた飲食店に二人で伺いました。
ピザにビール。
これが、わたしたちのいつもの祝杯形式。
7~8名で、わいわい楽しんでいました。

あれも、これも、この楽しさは子供たちがサッカーを続けてくれているお陰なのです。
ベンツマークイレブンのみんな、本当にありがとう!
本大会での健闘を心から祈っています。

がんばれ、ベンツマークイレブン。

nice! nice!
読み込み中...